基礎代謝

アブクラックスインナーで「基礎代謝」を上げて痩せる!

投稿日:

ぷよぷよ脂肪とサヨナラしてキレイになることと、ダイエットをするという事は厳密に言うと異なります。
そして、正しいやり方もそうですが"正しい考え方"を理解していれば、個人差はあれど誰でも必ず効果が出るものなのに、ダイエットが出来ないという人はなくなりません。

なぜでしょうか?

今回は「ダイエットの本質」についてお伝えします。

ダイエットの本質「食事」

食べるものによってことなりますが、食べれば当然太ります。
ただし、人の身体は生きている限りは常にエネルギーを消費しているので、食べる事は生きるために絶対に必要です。

ダイエットといえば食事制限という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますが、当然、無理な食事制限は「痩せる」のではなく「やつれる」ことになり、多少体重が落ちても健康を害するという良い結果にはなりません。

外食はダイエットの敵なのか?!

ダイエット中に外食…と聞くと、マイナスに感じる方がほとんどだと思います。
しかし、身体と心は繋がっているもの、あまりにも好きなものを我慢し続けるとそれはストレスとなり良い影響にはなりません。

ダイエットはしたい、でも、美味しいものは食べたい。

では、どうすればよいのでしょう?

外食自体がダイエットの敵ではない、問題は「量」

食事をとりおなかがいっぱいになってくると、満腹中枢が食事をしたことによる血糖値の上昇を感知し「おなかいっぱい」となります。
当然ですが、これは個人差もあればその時の体調や前の食事からの時間等によって常に変化します。

ここで思い浮かべてみてください。
あなたが最近食べた外食、細かい単位で量を調整してくれるお店でしたか?
お肉だったら、一切れ単位で食べる量を調整出来るお店でしたか?

恐らく、そんなことはなかった(出来なかった)でしょう。

外食店は、当然ながらビジネスです。
美味しいから繁盛する、安いから繁盛するというのは誰でもすぐわかるものですが、量というのは意外と盲点になります。

価格に対して量が少ないという理由で客足が遠のくケースはあります。
しかし、量が多くてクレームになるケースはあまりありません。
(たいていの場合は「コスパが良い」などという評価になります)

外食をやめる必要はありません。
ただし、決して食べ過ぎないように付き合ってゆく必要があります。

本質的に痩せるには、基礎代謝をあげて太らないようにする

"ダイエットのゴール"とは、食べても太らない身体にするということです。

ダイエットは英語で「diet」
これはdie(死ぬ)+eat(食べる)を組み合わせた言葉。
つまり、ダイエットは食事コントロールと脂肪燃焼を意味しています。
そして、脂肪を燃焼するためには「基礎代謝をあげる」ことです。

基礎代謝をあげるのに必要な事はたった2つだけ。

1.身体を冷やさない。
2.老廃物(毒素)を毎日排出する。

これだけです。

短期間で基礎代謝をあげてダイエットに成功する方法

基礎代謝をあげて、キレイにダイエットするには
「太らない身体を最短で手に入れる為」に「とても便利な道具」を最大活用することが近道です。

便利に、出来るだけらく~にダイエットに成功してキレイなカラダを手に入れましょう!

-基礎代謝

Copyright© アブクラックスインナーの効果は?着るだけで【ダイエット】【メリハリボディ】 , 2018 AllRights Reserved.